公営ギャンブルの当選金で購入したもの

Hot Topics
公営ギャンブルの当選金で購入したもの

競馬場に家族で行ったとき

競馬場に家族で行ったとき、入場券代わりに買った馬券で、たまたま数万円大当たりしたことがあります。いつもはまったく当たったことがないのに、狙っていないときに当たったりするのが、運の面白いところだと思いました。

そのときは、どちらかというと親戚の子供たちに乗馬体験をさせたいと思って、公営競馬場にきていました。
そのような経緯なので、気分は遊園地気分や家族サービスモードです。
いつもなら、100円200円でも当たったら、「当たりは当たり。ラッキー」とばかりに目の色を変えるのに、遊園地のように、もともと出費を覚悟した場所では、当たった喜びよりも子供たちの笑顔の方が何倍も嬉しかったのです。

そのため、「おじさんは当たったから、帰りがけみんなで何か食べに行こうか」の一言に、子供たちはみんな「キャー、おじさんすごい」とおだてられ、いつも当たっているように思われて、気持ち良さからついつい、そのお金はほとんどみんなの鍋焼きうどんとデザート代、そして、ゲームセンターでのゲーム代に楽しく使ってしまいました。

Copyright 2017 公営ギャンブルの当選金で購入したもの All Rights Reserved.